時たまに部屋に飛んでいる小さい虫、そして上を見ると部屋のシーリングライトの中に見える黒い影

あれは一体何の虫で、どこから来たのか?気になったので調べて見ました

実際に死んでいる虫を確認してみる

もちろん我が家のLEDシーリングライトの中にも

家のシーリングライト

 

近付いてもっとよく見ると

シーリングライトに黒い点

やはり底部に黒い影が… でもゴマとか海苔かもしれないし…

実際にカバーを外して確認してみます

シリーングライト 虫

やはり謎の虫が死んでいました。ちなみに羽アリの死骸も入ってました

こいつはいったい何の種類の虫でどこから生まれた虫なのか調べてみました

結局一体何の虫なのか?

上記画像にある虫の種類は調べてみた所

ジンサンシバンムシ(人参死番虫)
ジンサンシバンムシ

という名前らしいです、なんだか物騒な名前ですね。

「ジンサン」とは漢方の生薬の朝鮮人参のことであり、生薬を加害することからつけられているそうです。

ざっくり言うと、漢方食べちゃう虫ですかね

うちにはカンポーなんで無いので、なんでこいつがいるのかというと

こいつは貯蔵食品を食べる有名な害虫だそうです。こいつが食べるものとしては

・小麦粉などの穀粉や乾燥麺類
・ビスケット、菓子類などの加工食品
・唐辛子などの香辛料、乾燥果実や乾物

普通の一般家庭で保存してそうなのは大体食べますね。主に6~9月に出現しやすいそうです。通りで毎年夏に見かける訳だ…風呂場の天井とかにいるし

こいつがなぜシーリングライトの中で死んでいるかというと


STEP1 虫の侵入
部屋の窓や、買ってきた食品・服に付着していた等の理由から虫が家の中に侵入します
はっきり言ってこれらをすべて防ぐのは無理ではないでしょうか

STEP2 家でくつろぐ
一度侵入した虫は、食料を求めて家中を飛び回ります。
先ほど紹介したジンサンシバンムシは、台所にいる虫の代表でもあり、食べ物のカスやむき出しの保存食などを食べて成長・増加します。

STEP3 いざシーリングライトの中へ
「飛んで火に入る夏の虫」という言葉があります
どういうことかというと、虫は「正の走光性」という習性があります。要は明るい方へ飛んでいく習性です
暗い夜に街灯や自動販売機に虫が群がっている、という光景は誰でも1回はあると思います。
最近はあまりそういう光景を都内では見ないですが、地方ではよく見ますね(詳細は後述)
家の中で一番明るいシーリングライトの中へ向かって飛び、隙間から侵入してそのまま出らずに死・・・

以上が事の顛末です

ではなぜ最近自動販売機や街頭に虫が群がっていないのか。先ほど「虫は明るい方へ飛んでいく」と記載しましたが、正確には

「虫は紫外線が照射されている方向へ飛んでいく」

というのが正しい記述です。紫外線・・・日焼けとかするアレですね

だから何?という感じですが、ここがミソで

蛍光灯・・・紫外線出る
LED  ・・・紫外線出ない

こういった違いがあります。要は虫はLEDライトに対して紫外線を認識できず寄ってこないということです。

昔は街頭や自動販売機に蛍光灯が使われていましたが、今はLEDが主流ですので寄ってこなくなったというわけですね

ではなぜうちのシーリングライトで虫が死んでいるのか、矛盾していますよね

「LEDは紫外線が出ない」と記載しましたが、全く出ないのではなく、「ほぼ出ない」 ということです

99.99%殺菌!みたいな感じですね

実際に虫がカバーの中で死んでいるのですから、100%寄ってこないわけではなさそうです

そもそもライトのカバーの隙間なんてほぼないのによく入れますね…

アース製薬 バポナ 虫よけネットW 1年用 1個

アース製薬 バポナ 虫よけネットW 1年用 1個

700円(05/19 14:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
おすすめの記事