これから梅雨の時期でもあり、梅雨が明けたら夏本番です

暑いときはエアコンつけて部屋を涼しくするのは一般的ですが

・暑いけどエアコンつけるほどじゃない
・外は涼しいのに部屋は暑い
・掃除するのでホコリごと外に出したい
・家の中の空気が悪い

そう、こんな時はお部屋の換気をしつつ部屋を涼しくしましょう

今回は部屋の換気・風通しを良くする方法をざっくり調べてみました

その1 換気扇をつける

換気扇

換気扇は、部屋の中の空気を外に吐き出す装置です。

部屋から空気を外に押し出すと、その出た分の空気を逆に外から補給しようとする力が働きます。

換気扇をつけつつ、窓をどこからしら開けておけば、空気の流れが出来るのです。

換気扇は1か月付けっぱなしにしても電気代は数十円~数百円です。

カビ防止やニオイの充満を避ける意味でも1年中つけっぱなしをお勧めします。

 

また、換気扇からすぐ近くの窓を開けてしまうと、そこから空気を吸ってしまうので部屋自体の換気にはなり辛いです。

換気扇を付けつつ、風通しを良くしたい場所の窓を開けるようにしましょう。

その2 扇風機を窓の外に向けて風を外に送る

扇風機

これは窓が1つしかない1ルームや1部屋単体に有効な手段です。

窓が1つしかないと換気性があまりありません。風も通らず空気が充満しやすくなってしまいます。

扇風機を外に向けることで、部屋の中の空気を外に押し出します。そこで玄関のドアを少し開けてあげると空気の流れが出来るわけです。

玄関を開けない場合は、その押し出した空気を補給しようとする力で、同じ窓から空気が入ってきます。

風の流れは出来辛いですが、部屋自体の換気は出来ます。

また冷たい空気は下に、温かい空気は上に溜まりやすいので。

暑い場合は扇風機を高めの位置から外へ向けると下から上より冷たい空気が入ってきます。

その3 高低差が出来るように窓を開ける

窓

すぐ手前で書きましたが、冷たい空気は下に、温かい空気は下へ向かう性質があります。

家の中の低い場所と高い場所の窓を開けておくと、その温度差から空気の流れが発生します。

2階建てのお家などに有効な換気方法ですね。

なのでもし暖房機器を使う場合は下全体に送るように、冷房器具を使う場合は上全体を冷やすように向き調整を行うと、効率的に部屋の温度をコントロールすることが出来ます

その4 空気の入口となる窓を全開にしない

窓2

ざっくりいますと、空気の入り口が狭いほど、空気の流れは速くなり空気の入り口が広いほど、空気の流れは穏やかになります

ただし狭すぎると今度は出入りする空気の量が減ってしまいます

ドアは全開ではなく、10センチ程度(スマホ縦幅ぐらい)開けるのが効率が良いそうです。

以上、換気について調べてみました。

上記を試してもダメな場合は、諦めてエアコンつけましょう…

おすすめの記事