24時間テレビといえば、1978年から続く毎年恒例のチャリティー番組

その中でも例年一番の目玉企画が24時間チャリティーマラソン

その24時間マラソンの2018年度のランナーが「みやぞん」さんに決定しました。

 

そもそも何で24時間テレビでマラソンをするのでしょうか?調べましたが明確な理由は特にありませんでした。

1978年から続く24時間テレビですが、チャリティーマラソンの企画が始まったのは第15回(1992年)からとなっているそうです

では1992年から毎年誰が走っていたのか?昔の記憶を呼び出しつつ現在から過去へ遡ってみましょう

2017年 ブルゾンちえみ ・・・総距離90km

2016年 林家たい平 ・・・総距離100.05km

2015年 DAIGO ・・・100キロ

2014年 城島茂 ・・・101キロ

 

2013年 大島美幸 88キロ

 

2012年 佐々木健介、北斗晶、佐々木健之介、佐々木誠之介 合計120キロ

 

2011年 徳光和夫 63キロ

 

2010年 はるな愛 85キロ

 

2009年 イモトアヤコ 126・585キロ

 

2008年 エド・はるみ 111キロ

 

2007年 萩本欽一 70キロ

 

06年 アンガールズ 100キロ

 

2005年 丸山和也弁護士 100キロ

 

2004年 杉田かおる 100キロ

 

2003年 山田花子 110キロ

 

2002年 西村知美 100キロ


2001年 研ナオコ 85キロ

 

2000年 トミーズ雅 150キロ

 

1999年 錦野旦 110キロ

 

1998年 森田剛 100キロ


1997年 山口達也 100キロ

 

1996年 赤井英和 100キロ

 

1995年 間寛平 600キロ(7日間)

 

1994年 ダチョウ倶楽部 100キロ

 

1993・1992年 間寛平 200キロ

 

中には走行中のワープ疑惑がかかっているか方もいらっしゃいますが

そもそも24時間走り続けることが辛いですよね

おすすめの記事