人間と同様に、「木」にもツボがあり、そこを刺激するとフルーツの甘さが1.7倍になる!という内容の番組が毎日放送制作・TBS系列『林先生が驚く初耳学!』で放映されていました

是非ともフルーツ農家さん達等は知っておきたい内容ですね

番組の内容をさらっとまとめますと

 

・木にもツボがある

→木の中にも電気が流れており、電位測定器で木の電圧を測り特定の箇所だけ電圧が高い場所を見つける。そこが木のツボ

→ツボにソーラーパネルを繋ぎ、電気刺激を送る。刺激した後はクリームを塗る。刺激することで根からの栄養の吸収力があがり、結果フルーツが甘くなる

 

・ツボを刺激するとフルーツの甘さが1.7倍に

→和歌山県紀の川市にある桃の果樹園ではこの方法を採用しており、同じ場所で育てた桃が糖度12、ツボを刺激した桃は糖度20にもなった

→ブドウの木でも同じ結果になった

 

・発見したのは山梨大学

→この研究結果には世界からも注目が集まっている

 

 

 

自宅で実験をしたいところですが、フルーツは難しそうですね…

 

おすすめの記事