10年に1度ぐらいのペースで鳥にフンをひっかけられることがありますよね(個人調べ)

狙って糞をしているのか偶然なのか…フンをひっかけれらたことも嫌ですが、フンが白くて目立つのが嫌ですよね。

拭くと伸びるしスーツや黒い服だとかなり目立ってしまいます

また、フンをひっかけられるのも嫌ですが、家のベランダや洗濯物、車、敷地内にフンを落とされるのも嫌ですよね。洗濯物にかかったりしたら洗い直しですしもう着たくないですし…

というわけで迷惑な鳥のフンについて調べて見ます

なんで鳥のフンは白いのか

まるで白いペンキのように真っ白な鳥のフン。なぜ白いのか調べた結果

白い原因は、鳥の尿酸

でした。白く見えるのは鳥の尿酸が結晶化したものです。ちなみに人間が出しているのは尿酸ではなくて水に溶けた尿素です。

鳥はフンと尿をまとめて排出するので、白いのはフンではなく尿(おしっこ)で、フンがその白い中に含まれる白以外のものになります。

尿酸は尿素と違い、水に溶けませんので車や地面についても水だけでは洗い流せません。

酸ですので、車の塗装や道路、ベランダの手すり等様々なものにダメージを与えます、やっかいなフンですね

なぜ鳥は尿酸を出すのか

人間や他哺乳類動物は、体の中のアンモニアを肝臓という臓器で水に溶ける尿素に変換して、尿として体外へ排出します

しかし鳥は尿酸という尿素よりも複雑な物質を生成して排出します

その理由が体の軽量化です。

鳥は当たり前ですが空を飛ばないといけませんので、体が重くなればなるほど飛ぶエネルギーが大きくなってしまいます

人と同じようにアンモニアを尿素に変えてアンモニアを水に溶かして尿として出すと、まず尿素を溶かす水が必要になってしまいます、そうなると体内に人間の膀胱と同じ役割の器官が必要になり、体の重さが増えてしまいます

なので水分を取らなくてもアンモニアを体外へ排出できるように尿酸に変えているわけです

鳥にも悪意があるわけではなく、飛ぶために効率的な形で進化した為にフンが白くなってしまったようですね

ただフンを人に向けて当たるようにしている気がするのは気のせいでしょうか

鳥のフンが綺麗に落ちる落とし方とは?

服や車に鳥のフンがついてしまった! この場合、どのような対処をすればフンが綺麗に落ちるのでしょうか。

付いてしまったフンがまだついて間もない場合は、すぐさまティッシュやその他布なのでふき取りましょう。対応が早ければ早いほどフンは綺麗に落ちます

鳥のフンは雑菌・ウイルスの危険性があるため素手で触るのはやめておいた方がよいでしょう。また鳥のフンは上記でも書きました通り尿酸が含まれていますので酸性になっています

鳥のフンは水溶性なので、フンが付いている箇所をぬるま湯に浸し、洗濯用洗剤で洗うのが一番最善手です

車やベランダ等に、乾燥してしまったフンがあった場合も、まずは水を用意してふやかすことから始めましょう

乾燥したまま無理矢理剥がそうとすると、接着面の塗装ごと剥がれてしまう可能性があります

また鳥のフンは酸性なので、車についたまま放置していますと塗装が分解されて跡が残ってしまいますので、見つけたらその場で綺麗にするように心がけましょう

おすすめの記事