今回は巷で話題になっている「ASMR」

「AMSR」とは一体何のことなんでしょうか?

そしてその「ASMR」を利用した「ASMR動画」等や「AMSR動画」を撮るための必要機材について、もろもろ全部調べて解明したいと思います

ASMRとは何?

AMSRとは

まずこのASMRというのは、Webサイトasmr-research.orgの設立者でもあるジェン・アレンが命名した海外発信の言葉です

Autonomous Sensory Meridian Response」という4つの英単語の頭文字からとった略字となっており

読み方もそのままで「エイ・エス・エム・アール」と読みます。「ktkr」と書いて「キタコレ」の様な日本語的な読み方ではなく、そのまま頭文字の英単語を読みます

単語の意味を訳してみますと

「自主的な、 感覚(上)の、絶頂、反応」

です。これらを繋げて日本語では「自立感覚絶頂反応」と呼ばれています。

この自立感覚絶頂感覚(ASMR)がどういったものなのかというと、人間が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚を総じてASMRと呼んでいます

もっとかみ砕いて説明しますと、人に耳元で囁かれた際や高音質で立体的な音響を聞いている際に耳がくすぐったいような感覚になったり、背筋がボワっと来るような感覚になったり、とても眠くなる・ヒーリング感を感じたことはないでしょうか

上記その感覚をASMRという単語で表し、そういった高音質な動画をYoutube等に投稿している動画をASMR動画と呼びます

音フェチとも似て通ずるものがあるASMR、ひょっとして昔のあれはASMRなのでは?と心当たりがある方も多いのではないでしょうか

では実際にASMRを感じれるASMR動画について調べていきます

ASMR動画とは

HATOMUGI

音や映像による刺激・状態・感覚がAMSRということがわかったところで、では実際にASMRを利用した動画というものを紹介していきます

実際に見て聞いてもらった方が、一体どういう物なのか分かりやすいかと思いますのでいくつか紹介します、とてもイヤホン・ヘッドホン推奨です

日本のASMR動画で有名なのはこの方「hatomugi ASMR 」さん

投稿動画や投稿一覧を見て頂ければ分かるように、ささやきボイスやリラックスする音、咀嚼音や物を使った音等様々な動画と投稿されています

特にマイクに何かをこすりつけるような音はなんとも言えない感覚になりますね。イヤホンやヘッドホンの性能が良ければ良いほどこの感覚は強くなるのではないでしょうか

 

バーチャルYoutubeが自分の耳元で囁いているかのように感じるASMR動画、日本らしいといえば日本らしい動画です

動画内では耳を綿棒で掃除する音や、雨の音などの環境音や心音など。動画についているコメントを見ると一定のヒーリング効果があるということがわかります

寝るときに聞いている方も多いみたいです

 

こういった耳舐めボイスという破壊力のあるASMR動画も

 

こういった料理を作る際の作業音もクリアに聞こえるASRM動画も人気です

音に立体感があって、まるで母親が料理をしている音を聞きつつリビングのソファーでウトウトしているような、なんとも心地いい感覚を覚えました

音だけでなく、映像もとっても綺麗で1つ1つの動作に見入ってしまいますね

ASMR動画を撮るためには?

先ほど紹介しましたASMR動画、一体どういう手法で作成しているのかを調べます

まず兎にも角にも大事なのは「ステレオ録音」です。右耳と左耳からの立体的な音を生み出すためには2方向からの録音が必要です。モノラル録音のように1方向からの録音ですと音に立体感が出ません。

先ほど最初にご紹介しましたはとむぎさんのTwitterを見ますと

zoomのh5がこれで

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー  H5

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー H5

28,913円(04/20 16:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

tascamのdr-40がこれですね

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-40VER2-J

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-40VER2-J

15,170円(04/20 16:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

どちらもICレコーダーとなっているので、動画を撮影するカメラとは別で、ICレコーターで音を録音して編集で音と映像をくっつける という手法の様です(要PC)

 

そしてASMRを調べていくと行きつくのが、「バイノーラル録音」という録音方法です

バイノーラル録音という方式は、モノラル・ステレオなどと並ぶ録音方式の一つで、実際に人が音を認知する状況と同じ形で録音する方法です

要は、ステレオマイクを人間の耳と同じような構造・配置にして録音する方法です

録音するには、動画のサムネイルにもあります人の耳を模したマイク機材が必要です

KU100

こういった完全に人の顔の形をしたマイクです。こちらはノイマンの「KU 100」という商品。そのお値段は113万円なり。限りなく人の耳に近付けた形のマイクになっています

 

Free Space

こちらは3DioのFree Spaceという商品。人の耳を模した形のマイクが両方についています。

お値段は6万8000円、先ほどよりも大分安価になっています

 

こういったように人の耳を模したマイクだとさらによりリアルな音が取れるようです

先ほど紹介しましたはとむぎさんも、このマイクを使用した動画を投稿しています。ちなみにこちらのマイクは上記商品の3Dio Free Spaceですが、上位モデルの Pro IIですので、お値段は約27万5000円となっております、ひえええ

最後に

今回はASMRについて色々と調べて見ました

音というのはまだまだ奥が深いですね、人間というのもまだまだたくさん不思議なことがあるんだぁということがわかります

こういったASMRやハイレゾ等のサウンド技術、4Kやプロジェクションマッピング、有機EL等の映像面の技術はどんどん進歩していきますよね

いつの日か、未だに実現出来ない「嗅覚」や「味覚」等もいつか実現できる日が来るかもしれません

自然音で眠りたい~入眠サポート~

自然音で眠りたい~入眠サポート~

自然音
1,373円(04/20 16:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
おすすめの記事