ギターの弦と言えば本来6本が基本です。中には1本多い7弦ギターや、2倍の弦の数の12弦ギター等様々なタイプがあります

そんな中、ユーチューバーの「Jared Dines」という方が、18弦ギターを用いたオリジナル曲「Djent 2018」が公開されています

何だこのギター…、ど思いますよね、動画内のリンクにもありますが、オーストラリアのカスタムギターメーカー「Ormsby guitars」がこの弾いている方「Jared Dines」で作りあげたオーダーメイドギターだそうです

 


ペグはもちろん18個ついています、チューニングをするだけでも18本分あるのでとても大変です

 


ポジションマークの代わりなのか、インレイとして顔が刻まれています。弾いている本人「Jared Dines」の顔でしょうか?なんだか不機嫌な顔をしています

 


裏から見ると、ネックが超絶太いのがよくわかります。ネックとボディを繋ぐボルトも通常4本のところを7本で止めているようです

 


正面から見た図、あらためてすごい形をしているのが分かります。音を拾うためのピックアップも3つ付いています

 


1弦から順に、チューニングはA,E,B,G,D,A,E,B,F#,C#,G#,D#,E,B,F#,C#,D#,Eとなっているようです、まずそれが覚えられません

 


実際にこの18弦ギターを弾いている様子、コードを弾いたり短音で弾いたり使いこなしているように見えます

 


上にある方の弦は、左手をネックの上から出して押さえています。下からでは指届きませんからね

 


動画の最後には、うちわぐらいの大きさの巨大ピックで演奏しています、逆に弾き辛そう…

 

 

おすすめの記事