今回は大人の趣味「アクアリウム」に焦点を当ててご紹介していきます

今はアクアリウムってかっこいい横文字で呼んでいますが、昔は水槽という名前で呼ばれていましたよね

小さい頃にちょっとお金持ちの友人の家にあったり、病院や歯医者さん等で見かけましたが最近はあまり見かけませんね

そもそもアクアリウムとは一体何かのか、どうしたら始められるのか、かかる費用は?等々様々なことを調べていきたいと思います

アクアリウムとは?

水生動物を飼育する水槽。普通はガラス水槽を用いることが多く,水底には砂,小石などを敷いて水草を植える。その他必要に応じて定温装置,攪拌(かくはん)装置,エアポンプなどをつける。水族館のことをアクアリウムという場合も多い。

昔でいう水槽ですね。基本的には砂を敷いて、流木や石、水草を配置しつつそこに生えるような熱帯魚を入れるのがオーソドックスな形です

家の中に設置することが容易であり、動く鑑賞用のインテリアとして主に利用されています

デザイン性は無限大で、やる人の知識やセンスが発揮されますし、絶え間なく動く魚や水にゆらめく水草見ていてヒーリング効果も期待できます

こういった河原のような水槽も綺麗でいいすね

では、次はアクアリウムの中での分類を紹介していきます

生体メインのアクアリウム

熱帯魚やエビ・貝類等の生体をメイン・基準として、生き物の為に水草や石・水質などを管理し、生き物たちが一番映えるように作りこんでいった水槽を指します

生き物ですので、エサの確保や定期的なフンの掃除等の手間は発生しますが、水のなかを絶え間なく動く魚やエビたちに目を奪われてしまいます。

猫や犬等他のペットを飼うよりも経済的で手入れも楽(場合による)という所がいいですね

今や熱帯魚の生体や水草まで全部ネットで購入でき、生きたまま家まで配送してくれる自体ですので敷居は大分低くなっています。

水草メインのアクアリウム


生き物ではなく、一番水草が映えるようなレイアウト構成が目的として作られた水槽の事を指します。

水草だけでなく石や流木などを使って壮大な自然を再現するアクアリウムを「ネイチャーアクアリウム」と読んでたりもします

水草を育てるために、コケを取って食べてくれるエビ類や貝類、二酸化炭素供給の為に魚などの生体を入れたりもします。

生き物を見たいから水槽を作るのか、それとも景観を作りたいから水槽を作るのか、はたまたその間ぐらいをとりたい水槽を作るのか、目的は様々です

海水のアクアリウム


実は今まで上記で画像や動画を用いて紹介してきましたのは、「淡水」のアクアリウムです。

もちろん淡水の水槽なので、水に塩分は入っていません。水道水からカルキ抜きをしたものが水槽の水として使用できますが、こちらは海水水槽なので海水が必要です

限りなく海と環境を近づけないといけないので、照明も専用の物を用意したり、水は海水を持ってきたり、人工海水を作らなければいけません

しかし海で生きている海水魚、サンゴやクマノミ等、普通のアクアリウムより手間がかかる分珍しい魚やサンゴなどを使ったアクアリウムを作ることが出来ます

淡水のアクアリウムは全体的に緑を基調とした構成になっていますが、海水のアクアリウムは青を基調とした構成になっています。

以下動画では海水水槽の立ち上げるまでを紹介しています

アクアリウムを始めるのに必要なものは?お金は?

ではアクアリウムを始める際には何が必要で、どのくらいお金がかかるのでしょうか

最低限必要なものを金額を書いていきます

水槽 2000円~
照明 4000円~
ろ過装置 4000円~
底床(砂・ソイル) 1000円~

といった所でしょうか、これら上記書いたものは本当に最低限水槽の体を成すのに必要なものです。

ここから熱帯魚や木、水草、石、Co2添加装置、バケツ、すくい網、様々なオプション費用が掛かってきます。

まずは安価な初心者セットを購入して知識・経験を貯めつつ、上級な機材に切り替えていくのが一番効率的かと思います。

まずは1万円いかない小型な初心者用セットから始めるのがお勧めです、急がば回れ精神ですね

色んな水槽立ち上げ動画

アクアリウムの楽しさは、魚や水草を鑑賞するだけではなく、立ち上げる作業にも楽しさはあります。車いじりのお父さんみたいな感じですね

日々のメンテナンスやパーツ・機材の交換、新しいレイアウトへの変更等様々な楽しみ方があります。むしろここにアクアリウムの楽しさの神髄があるのではないのでしょうか

動画サイトではたくさんの水槽立ち上げ動画がありますので、何点か好きな動画をご紹介します

ニコニコ動画で水槽立ち上げ動画を投稿されている方です。現在は投稿はされていないようですが、数々の水槽動画をきちんと解説しながら丁寧に動画が作られていて為になります

 

1万円ぽっきりで水槽を立ち上げる趣旨の動画。こちらも水槽立ち上げの参考になりますので是非

まとめ

というわけで今回はアクアリウム、水槽について調べました。

私自身昔アクアリウムをやっていたので、その楽しさを少しでも伝えられたかなと思います。

現在は猫を飼っているので水槽自体を持てませんが、お金をかけて上記で紹介したような壮観なネイチャーアクアリウムをやってみたいですね

ADAとか高価な機器を揃えて大型水槽であんな圧巻な景色を作れたらいいなぁ…と老後の夢にでも取っておきたいと思います

おすすめの記事