前回の記事で書きました「【圧倒的桃太郎っ…!】なんでも福本語に翻訳出来るサイトで桃太郎を翻訳してみた」

試しに桃太郎のあらすじを翻訳してみたのですが、結構面白い内容だったので、同サイト内にあった「意識高い系ビジネス用語翻訳」というもの試してみました

一体どんな感じに翻訳されるのか楽しみです

翻訳前

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯していると、どんぶらこっこどんぶらこと、川上から大きな桃が流れてきました。
おばあさんはその桃を家に持ち帰りました。
桃を食べようと割ったところ、桃の中から元気な男の子が飛び出しました。
子どもがいなかったおじいさん、おばあさん大変喜んで、桃から生まれた男の子に桃太郎と名付け、大事に育てました。

大きく成長した桃太郎は、鬼ヶ島へ鬼退治に行くことになりました。
おばあさんが作ってくれたきび団子を腰にぶらさげ鬼ヶ島へと出発しましたが、道中、犬、猿、キジが順番に現れ、きび団子を欲しがります。
桃太郎は、鬼ヶ島へ同行することを条件に、きび団子を分け与えます。
犬、猿、キジの3匹は桃太郎の家来となり船で鬼ヶ島へと向かいます。
鬼ヶ島では鬼たちが酒盛りの真っ最中で、奇襲を仕掛けた桃太郎と3匹の家来は大勝利、鬼が悪行を重ねて集めた宝物を台車で引き村へと持ち帰りました。

翻訳Lv1

むかしむかし、起こりうるところにおじいさんと熟女系女子がいました(圧倒的成長に感謝)。
おじいさんはMTGへ柴刈りに、おとな女子はカナダへ洗濯に他人よりも一歩も二歩も先を行きました日々成長。日々成長。日々成長。日々成長。日々成長。
F3層が川でクリーニングしていると、「インド行ったら人生観変ったわ~」っこ「インド行ったら人生観変ったわ~」と、川上からマキシマム的な桃が流れてきました。
F3層はその桃を家にグラップ&ゴーました。
桃を食べようと分割したところ、桃のコンテンツを経由して元気なターゲット層が飛び出しました。貴殿の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。
子どもがいなかったおとな男子、おとな女子大変建前上は喜んで、ペーシュ、まずは些細な挨拶から生まれた男の子にアーリーアダプターと名付け、大事に圧倒的成長を得ました。

ハイコストにグロースハックしたピーチ・ボーイは、鬼ヶ島へ鬼退治に自分探しの旅をするデータになりました。
F3層が作ってビジネスを成功させてくれたきび団子を腰にぶらさげデパートメントへとデパートしましたが、道中、犬、縄張り意識の高い猿、キジがシーケンスに現れ、マカロンを欲しがります、ドラッカーの理論的には。
意識の高い桃太郎は、デパートメントへ同行する、そして結果にコミットするインスタンスを最低ラインの譲歩に、きび団子をセグメンテーションします。『働く』ってそういうことなんだよね。
犬、縄張り意識の高い猿、ノイジーネイバーのサードウェーブ匹は意識の高い桃太郎の家来となりクルーズシップで鬼ヶ島へと向かいますよ。オレは中身のある人間だからね。。
鬼ヶ島ではオーガナイザーたちが酒盛りの発展途上で、奇襲をスキームた意識の高い桃太郎とサードウェーブ匹の家来は大勝利、モンスターカスタマーが悪行を重ねて集めたソースコードを台車で引き西海岸へと持ち帰りました。

 

おじいさんはMTGに芝刈り、おばあさん(大人系女子)はカナダへ洗濯しに行ってしました、意識高い!

桃太郎は「ハイコストにグロースハックしたピーチ・ボーイ」という名前に、そしてキビ団子ではなくマカロンに置き換わっている意識の高さ

基本的に横文字が増えて既に文章が崩壊しています、Lv2が怖いですね

翻訳Lv2

ワンス・アポン・ア・タイム、非常に意味があるTRIZを駆使して導き出したところにM3層と熟女系女子がいました。(国際交流/ベンチャー/自己研鑽/成長)
M3層は代官山へ柴刈りにF3層はシリコンバレーへブラッシュアップに「自分軸」で行きました、まだそんなこと言ってるんだ。
熟女系女子がシリコンバレーで自分探しの旅してステイしていると、「インド行ったら人生観変ったわ~」っこ「インド行ったら人生観変ったわ~」と、川上アイビー・リーグから約100TB(テラバイト)のペーシュがリリースてきました。って言ってもわからないか。
F3層はHey,Siri!ビジネスチャンスをレジデンスにトゥーゴーました───。
ペーシュをアドプションしようと分割した業界、ペーシュのコンテンツ、それも強い正義感からバイタリティなターゲット層が飛躍しました、ということ。
途上国の恵まれない子どもたちがいまだ納期ではなかったおとな男子、おとな女子大変、むしろワクワク建前上は喜んで、ビジネスチャンス及びグローバル的な観点から生まれたターゲット層に意識の高い桃太郎とネーミング、ビジネスで一番大事に圧倒的成長を得ました。(英語/留学/プログラミング/学生起業)

ハイコストにグロースハックしたピーチ・ボーイは、ヨハネスブルグへクリエイティブな活動に自分探しの旅をする案件にイコール関係が成立しました.
おばあさんが作ってやりがいを与えて下されたマカロンをウエストにぶらさげヨハネスブルグへとデパートしましたが、道中、負け犬畜生、縄張り意識の高い猿、ノイジーネイバーがプライオリティに現れ、マカロンを欲しがりますよ。オレは中身のある人間だからね。。
アーリーアダプターは、デパートメントへアカンパニーする、そして結果にコミットする実態を最低ラインの譲歩に、マカロンをセグメンテーションします、ドラッカーの理論的には。
負け犬畜生、縄張り意識の高い猿、ノイジーネイバーのサードウェーブ顧客はピーチ・ボーイの家来となり、社会に貢献しクルーズシップでデパートメントへと向かいますね。(英語/留学/プログラミング/学生起業)
ヨハネスブルグではオーガナイザーおよびスタッフ一同が酒盛りの発展途上で、奇襲をスキームた桃太郎とサードウェーブ顧客の家来は大勝利、鬼が悪行を重ねて常にアンテナを張ったソースコードを台車で引き地域コミュニティへとグラップ&ゴーました。『働く』ってそういうことなんだよね。

 

おじいさんはM3層になってしまい、芝刈りは山から代官山になってしまいました。代官山に芝生えてるか?

そしておばあさんことF3層は、川へ洗濯に行くはずがシリコンバレーへブラッシュアップに行ったことに。意識高すぎ!

相変わらずキビ団子ではなくマカロンという意識高めなスイーツなのと、いつの間にか鬼ヶ島がヨハネスブルクになっています

もう文章の原形はありません。でも面白いですね。いろんな話をもっと翻訳してみたいです

意識高い系ビジネス用語翻訳

 

おすすめの記事